タロット占い.com

近日中の営業日時や最新情報などをお知らせします。

ネコのお話

2カ月ほど前のこと。
「瞑想」をした方がいいと勧められた。

翌日のランチの時に、その瞑想の話になり、
「瞑想、いいんじゃない? やってみるといいよ。瞑想してる時ってね、目は見えてるけど見てない、耳は聞こえてるけど聞いてないっていう感じなんだよ」
と同僚スタッフが教えてくれた。

ん? その感覚なら、体験したことある、って思った。

小学生の頃、連日、友達とワイワイ騒いで、お喋りしすぎて、頭が疲れてぐったりして、
「あー、もう何も話したくない、一人になりたい、ぼ~っとしたい!」
というふうになってしまうことがあった。

当時鍵っ子だった私は、家に帰ると、一人、机の前に座り、
「さって、ぼ~っとしよっと」
と、”ぼ~っとする”をスタート。
なにも考えず。たぶんオモチャの電池が切れたような状態で、しばし無の境地。

力なく目は開いているけれど、見ているものを認識していない、
耳も聞こえているけれど、何の音か認識していない。

どのくらいの時間だったのか覚えていないけれど、
スイッチオン!して、”ぼ~っとする”から目を覚ますと、元気モリモリになっていた。
頭もスッキリして、
「また友達と遊びたーい! たくさんお喋りしたーい!」
と友達に会うべく、家を飛び出していた。

子供の私は「瞑想」という言葉は知らなかったけれど、
もしかしてあれが瞑想(もどき)だったのではないか、
ならば、私、瞑想、簡単にできるかも!

早速、帰宅後、瞑想を試みる。

とりあえず我流で始めてみる。

力が抜けて、ふうっと入って行ったな~、というところだったか、
足元から膝の上に猫がのってきた気配を感じた。

といっても、今、家には猫はいない。
あくまでも、そんな気配が感じられただけ。

でも、その猫は私の知っている猫だと感じた。

***********


中学生から高校生の頃、実家には猫がいた。
迷い猫だったけれど、とても人懐こくて私はすごくかわいがっていた。

猫の方が自分より寿命が短いだろうから、私はその猫の最期を看取ろうと思っていた。
「最期は、私の膝の上でね」
なんて思っていた。

ところが猫は家に来てからたぶん2年ほどで突然姿を消した。
自由に外に出していたけれど、いつも同じような時間に帰ってきていたのに。

この世からいなくなってしまった気はしなくて、
帰ってきてくれる、って思っていた。

でもその後、二度と帰ってこなかった。

夢でもいいから会いたい、
って思っていたら、本当に夢の中に出てきてくれた。

いつものように一階の勝手口のところから鳴き声が聞こえる。(帰ってきたよ、開けて~、の鳴き声)
私は二階の部屋の窓を開けて、一階の勝手口の外で鳴いている猫の名前を呼ぶ。
猫は私を見上げて、ニャ~ッ=^▽^=と鳴く。

いつもなら、私は一階に駆け下りて行ってドアを開けて、猫を抱き上げる。

ところが夢の中の猫は、一階からポーンポーンと木とか物置の屋根とかを蹴り上げて、二階までやってきて、
私の腕の中に飛び込んできた。

帰ってきてくれたんだね! よかった!

夢の中で私は猫を抱きしめた。

目が覚めたとき、夢の中で会えて嬉しかったけれど、悲しかった。
「夢に出てきたっていうことは、もうこの世にはいないんだなあ」
って思ってしまったから。
帰ってこられなかったということは、何か良くないことが猫の身に起こったのだろう……。

***********


瞑想(もどき)をしていた時、
その猫が膝にのってきた気がしたのだ。

私は久しぶりに会えて嬉しくて、(目はつぶったままだったけれど)顔が自然に笑ってしまうほどだった。

しばらく(感覚的に)ジャレた後、
私はずっと思っていたことを心の中で語りかけた。
ずっと抱えていた罪悪感。

『ごめんね、最期まで守ってあげられなくて。助けてあげられなくて。きっと辛かったよね、苦しかったよね』

私は今までずっと、何かの折に、
「猫好きなんですよ~」
と言いながら、必ず可愛がっていた猫のことを思い出し、そして同時に守ってあげられなかったという苦い気持ちを感じていた。

だからその時も自然に出てきた。
『ごめんね』
という許しを請う言葉が。

ところが、この時、猫の方から意外な言葉が返ってきた。
もちろん人間の言葉で聞こえたわけではなくて、心と心の会話。
心同士の会話は、言語なんて飛び越えてしまう。

『こっちこそ、ごめんね。急にいなくなったから心配したでしょう?』

えっ、
と思った。

私は自分の罪悪感しか頭になくて、猫の方がどう思っているかなんて考えていなかったから。
もしかして守ってあげられなかった私を恨んでいるのではないか、とすら思っていたから。

そうか、そんな気持ちでいてくれたのか……、
そうだよね、その方が恨んでいたっていうより、このコっぽい……、
と思ったら、さっきまでジャレあって笑っていたのに、今度は涙があふれてきた。

『恨んでいるんじゃないか』
と思っていた私に、
『恨むわけないでしょ! 心外!』
って返してきた気がした。

『どうして欲しい?』
と私は心の中で問いかけた。

いきなりいなくなってしまったので、お墓もない。
『お墓みたいなのを作って、そこに手を合わせるのがいい?』

それはちょっと違う、と返ってきた気がした。
『生きてた時みたいに、(心の中で)想ってくれたり、呼びかけてくれたりするのがいい』

うん、わかった、
って思った。


瞑想(もどき)を終えて、目を開けた。
なんていう体験。
なんていう安らかな心地良さ。

後日、たまたま会った知人に、この体験談をした。
「でも私、無になってないですもんね。これって瞑想とはいえないですよね」
などと。
知人は興味深く聞いてくれながらも、瞑想についてはあまりわからないようだった。

数日後、その知人からメールが届いた。
『私はよくわからないんですけど、瞑想に詳しい友達に聞いたら「それは瞑想だよ!」と言っていました。過去の後悔していることや嫌だったことなど1つ1つを解決してゆけることも瞑想らしいです』

なるほど。

なんにしろ、
私の今後の人生が変わっていくような素晴らしい体験だったことは確か。

今まで抱えていた罪悪感を捨て、これからは堂々と、
「私は猫好きなんです~」
と言いながら生きていこう!

相手に対して、自分がしてあげられなかったことを、
「してあげられなくてごめんなさい」
と思うのはエゴだという。

なぜならば、相手はそのことをしてもらいたかったわけではないかもしれないから。
それを「してあげたかったのに、してあげられなかった」というのは、自分勝手な押し付けにしかならないのだと。

それよりも、してもらったことに対して「ありがとう」と感謝するべきなのだそうだ。

思いがけず再会できた猫に、心から言う。
「私と出逢ってくれて、ありがとう。出逢えて、とっても幸せだよ^^*」

ネコ
ウチのネコたち

  1. 2014/11/10(月) 21:02:24|
  2. 不思議な出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教えてくれた?

お盆なので、ということもあるので、
お墓参りに関係した体験談をひとつ。

今から数年前、
私は入居する物件探しをしていました。

不動産屋の案内で物件を見に行って、その中のひとつが新築で綺麗だということもあり、
「ここがいいかな~」
と思い、入居の審査をしてもらうことにしたのですが、
その物件の管理会社がお盆休みに入っているということで、しばらく審査結果待ちの状態になりました。

そして、祖母の命日がお盆の頃というのもあって、私は都内にあるお墓参りに行きました。
心の中で、
「あの物件の審査、無事に通るといいな」
と思いながら。

お墓は小高いところにある場合が多いですが、
そのお墓も階段を上ったところにあります。

お墓参りを終え、私は出口に向かう階段を下りました。

その時のことです。

いきなり、
”あの物件はやめた方がいい! なぜならば、あの物件は狭すぎる!”
という言葉が頭の中に閃きました。

感覚としては、自分が思いついた考え、でした。

でも、思いつく流れとしては、とても不自然に思えました。
「あの物件の審査、通るといいな」
と思っていたはずなのに、
いきなり、
「あの物件はやめた方がいい! なぜならば、、、」
とその理由まで、頭の中に流れ込んでくるというのは、不思議です。

しかし、その言葉が頭に入ってきて、
冷静になって考えてみると、
「確かにあの物件は狭すぎる。希望していた広さの半分しかないし、収納スペースもないし、自分のものも全部は運びこめないほど。なんであの物件がいいと思ったんだろう」
と目が覚めたような気持ちになりました。

「あの物件よりも、もうひとつ見に行った物件の方が広いし、収納スペースもあるし、家賃も安い。もうひとつの物件がまだ空いていたら変更しよう!」
と思いつきました。

物件は、明るいうちと、日が暮れてから、両方見に行った方がいいといいます。
明るい間は良く見えても、日が暮れると一転して物騒になる場合というのがあるそうです。

2つの物件、通りを挟んで近くにあったので、お墓参りの帰り、日が暮れてから見に行ってみました。

審査を申し込んでいた物件は、明るいうちは陽の光を浴びて素敵に見えたのですが、
日が暮れてから見ると、近くに街灯もなく、暗闇の中で物騒に見えました。

もうひとつの物件の方は、やわらかい灯りにほんわりと包まれていて、
ただいま~って、帰っていけそうな、
帰るとホッとできる場所のように感じました。

「絶対こっちの方がいい! まだ空いていますように!」
祈るような気持ちで、不動産屋に連絡をしました。

「今から変更するとキャンセル料がかかる」
などと嫌味だか脅しだかみたいなことを言われました。

「契約してないのに、発生するはずもない解約料をとろうとする不動産屋がいるから気を付けて」
と友達からアドバイスを受けていました。
これが、それか~と思って、
鼻で笑いとばしたら、それ以上、請求してくることもなく、物件の変更にも成功しました(笑)

それが、今住んでいる物件です。

何人かに、お墓参りに行った時のエピソードを話しましたが、皆、
「それはおばあちゃん(とおじいちゃん)が教えてくれたんだよ~」
と言います。

私も、そう感じています。

今年も、先日お墓参りに行きました。

”いろいろあるけど、がんばりたいと思ってるよ。応援してね。また来るね”
と話しかけました。

ある方と話をしたときに、その方が、
「死んでる人は生きてるのよ!」
と言いだし、私は思わず間髪入れずに、
「私もそう思います!」
とこたえたことがあります。

亡くなったらそれでおしまい、と思っていないから、お墓参りに行って、手を合わせる。

見守ってくれている存在を信じながら、
その存在に恥じない生き方をしていきたいなと思います。

  1. 2014/08/18(月) 19:42:06|
  2. 不思議な出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モノの”気”が見える

暑いですね。
蝉が大合唱~
夏の空


さて、
久々に更新します。「不思議な出来事」シリーズ。

以前、
知人が入院して退院した後、電車に乗ったところ、
乗り合わせた人たちの顔が、その人の内面を表しているのであろう動物の顔に見えた、
という話を書きました。

入院して、しばらく俗世間から離れていたために、心が浄化されて、そんなふうに見えたのではないかと。


今回はまた別の友達の話。

その友達は、断食を体験したそうです。
もちろん、きちんとした指導のもと、一週間ほどだったらしいですが、
それがとても心地いい体験だったそうです。
(人によってはとてもツラいらしいです)

そして、その断食の時、不思議なことが!

余計なものが体内から無くなり、クリアな状態になったおかげか、
モノが放つ”気”(エネルギーみたいなもの)が見えた、というか感じられるようになったそうです。

一番、わかりやすかったのが洋服で、
「この服(繊維)は、(自分に)合わない”気”を放っている!」
と、着ている服、置いてある服に感じてしまったそうで、
洋服の整理を始めたら、とってもはかどって、
自分に合わない(良くない)”気”を放っている衣類をたくさん処分して、すっきりしたそうです。

話を聞いて、
「私にもその能力があったら、整理整頓が上手になるのではないか!」
と思いました。

心身を浄化することに挑戦したくなりました。
  1. 2014/08/04(月) 21:21:04|
  2. 不思議な出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物の顔に見える

先週末、久しぶりの知人と再会し、たくさん語り合ってきました。

その話の中で私が、
旅行などをしていて、東京に帰るといつも「帰ってきた」とホッとするのに、
伊勢神宮に行って帰ってきたときは、天国から下界にきたような感覚になった、
そこにいる人たちは普通に行動しているだけなのに、
それぞれがいい感情だけではない、悪いものもいっぱい抱えていて、
それが人間の世界なのだと思うけれど、すごくドロドロした雰囲気を感じた、
という話をしたところ、知人が不思議な話をしてくださいました。

その方は手術をして数か月入院していました。

日常生活と離れ、入院中に浄化されたということなのか、
退院してから電車に乗ったら、乗り合わせただけの知らない乗客たちの顔が動物に見えた、
と言うのです。

それはどういう動物なのか、と聞くと、
「例えばハイエナとか。ハイエナはズルいというようなイメージがあると思うけれど、その人の心が反映されたような動物に見えた」
と。

もちろん、いい心を持った人もいて、変な動物に見えない人もいたそうですが、
大体ほとんどの人が、よくない動物に見えたというのです。

「不思議だったけれど、いい心だけを持っている人はあんまりいないんだなと思った」
という知人に、
「しばらく入院していて、心が浄化されて、そんな風に見えたのかもしれませんね。修行して帰ってきたお坊さんなども、そんな感覚になるのかもしれませんね」
と返しながら、
その頃、会っていたら、私はどんな動物に見えたんだろう、会ってなくてよかった^^;
などと思いました。

というか、いい心を持つようにしていかなくちゃ、と思うべきかもです。


さて、知人と再会した街の公園で奏でてきた音の映像を紹介します。
雑音が大きいですが、耳をこらして、よろしかったら聴いてみてくださいませ。

  1. 2014/03/08(土) 23:18:47|
  2. 不思議な出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身代わり

占いをやりながらも、
スピリチュアルという言葉が好きではない私。

本来持つ言葉の意味とは別に独り歩きして、
「霊感強いんですか?」
みたいな興味本位の雰囲気の言葉になってしまっているところが嫌なのかなと思う。

私はこの世には目に見えるもよりも見えない物の方が多いと思っている。

”人の心”が、わかりやすい例で、
目の前にいる人が笑っているからといって、心の底から笑っているとは限らないし、
不機嫌そうだからといって、本当に見た目通り、不機嫌とは限らない。

人は成長するにしたがって、心とは別の表情を持つようになる。
目の前にいる人は、本当はどう思っているのかな、
と、時には感じ取ることが必要になる。

このブログは、占い師のブログなので、
私が体験した不思議なことなどを記事にしてこうかなと思いついた。

不思議=1 どうしてなのか、普通では考えも想像もできないこと。説明のつかないこと。
2 仏語。人間の認識・理解を越えていること。人知の遠く及ばないこと。
etc.

が、不思議の意味なので、カテゴリも「不思議な出来事」でいいかな、と思った。


さて、その第一弾。「身代わり」

私は人間以外のモノにも心があると思っている。
人間とは違う心かもしれないけれど、心といえるようなものがあるのではないかと。

愛用品は、その持ち主を守ってくれていると思う。
時には身を呈して、持ち主の身代わりになってくれたりもする。

私の部屋にあったミリオンバンブー(幸福竹)が、
ずっとおかしな伸び方をしていた。

真ん中の葉っぱは全て枯れてしまい、
ヒョロヒョロと細く長く伸びた茎の先にチカラない若葉、という状態。

「何故、こんな姿に?」
と思いながらも、そのうち元気になるかもと思っていた。

ところが、本日、ついに、
細い茎の部分がポキッと折れて、再起不能な状態に。

最初は、
「あ~、ついにー」
と思っただけでしたが、ふと思った。

ここのところ、ずっとアタフタ、バタバタしていた私。
「もうダメかも~」
と思うことも。

ミリオンバンブーは、私が折れてしまうその身代わりになってくれたのではないかと。

「お疲れ様でした。ありがとうございました」
と折れてしまったミリオンバンブーに声をかけた。

二代目ミリオンバンブーを買いに行きましたが、花屋さんに見当たらず、
ドラセナを買ってきた。

ドラセナも根がつく場合があるので、いつまでも青々していてくれるかもしれません。

ありがとうございました、ミリオンバンブー。
身代わりになってくれたのだから、私は折れないでいるね♡

そして、これからよろしくお願いします、ドラセナ。

ドラセナ
  1. 2014/02/23(日) 17:52:18|
  2. 不思議な出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

まとめ